過食症の治療方法や改善方法

過食とは

過食症を理解するためには、神経性大食症について知っておきましょう。

 

神経性大食症とは、摂食障害の中でも、それに伴って代償行為がある場合に診断される病名です。

 

過食症とよく言いますが、その過食症の正式名称が神経性大食症と考えられます。

 

神経大食症になると、一度に大量の食事を摂ったあとに吐いたり、下痢をしたり、過度な運動、それから断食や薬物で代償行為をするのが特徴です。

 

吐いたり、断食をするといった代償行為を伴っている場合に神経大食症となり、こういった代償行為が無い場合には、”むちゃ食い障害”という別の名がつきます。

 

神経性大食症というのは、軽い物に見えるかもしれませんが、実は怖い病気なのです。食べてしまったことから自己嫌悪に陥り、最終的に自殺を考える人も少なくはありません。

 

最悪の手段を考えるのは、拒食症より過食症に目立つ行動です。

 

ちなみに、この神経性大食症を摂食障害として1979年にジェラルド・ラッセルが提唱しました。

 

それが次年である1980年に、米国精神医学会によって承認されました。

 

神経性大食症は摂食障害、いわゆる中枢性摂食異常症とされており、厚生労働省の特定疾患に該当する障害です。

 

水素サプリの効果・効能